YoshimuraEmile: 2016年2月アーカイブ

吉村 美令由 油彩画展のご案内

|
こんにちは。
吉村美術研究所サイトの管理人です。

代表吉村絵美留の姉 吉村美令由(みれいゆ)の個展をご案内いたします。


DM表紙640px.jpg

吉村 美令由 油彩画展 ― 光の音 ―

2016年3月14日(月)~3月19日(土)

新 井 画 廊
東京都中央区銀座7-10-8 第5太陽ビル1F


小さき花に、ひとしずくの水滴に、生命の讃歌を託します。
小品、ミニアチュール約25点の展覧です。
ご高覧頂けましたら幸いでございます。


<油彩画展によせて>

いつの頃からでしょうか?

時折、すべての物からときはなたれて、
計り知れない大いなる宇宙の、確かな動きを感じる事があります。
その一瞬に、今ここにあるあらゆるもの、太陽の輝き、
朝露、名の知れぬ花、木もれ陽、風のそよぎ・・・
それらの姿のおごそかで尊い事を観るのです。

このしるしを静かに温めて、時と場所を得て咲く小さな花に、
朝陽を浴びてきらめくひとしづくの水滴にと托して、画布に向かいます。
時に方丈の画布から、かすかな調べが、
生命の讃歌ともいえる「光の音」が聴こえてきて、大気と響き合ってくれるようです。

2016年2月 吉村美令由



詳細は、下記PDFをご覧ください。

吉村 美令由 油彩画展.pdf

DM裏面.pdf

「響」つりがね草 サムホール640px.jpg



「燦」福寿草サムホール640px.jpg

「淳」どくだみサムホール640px.jpg


「調」コスモス3号640px.jpg


「訪」すみれ3号640px.jpg




アーカイブ




  
修復家だけが知る名画の真実



  
岡本太郎「明日の神話」修復960日間の記録



  
明日の神話 岡本太郎の魂〈メッセージ〉